ウィリアム・エマーソンの設計になる、アラハーバードのミュア・カレッジ 、1886年
ゴチック風のキャンパス・プランに ムガル風のドーム屋根を載せ、マムルーク風のミナレットを建てた。
エマーソンはヨーロッパ主義者と対立し、コロニアル建築にアジアの伝統建築を取り入れることを主張した。