三方のポーチに チャトリーを戴く ウンデーシュワラ寺院、13世紀、ビジョリア
ヒンドゥ寺院であるにもかかわらず、「インド・サラセン様式」のような印象を与える。
チャトリーは 後世の付加であるとしても、何の目的だったのだろうか。