公園として開放されている シャーラマール庭園、1642年、ラホール
大規模な四分庭園(チャールバーグ)をふたつ並べ、その中間に貯水槽を配した三段構成をとる。
全長約 700mの長軸を貫く中央水路が、下段の四分庭園の ダウラト・ハーナまで続いている。