シディ・サイイド・モスクの 透かし彫り窓格子、アフマダーバード、1573年
外からはソリッドな壁のように見えるが、実際は風通しのよい採光窓である。
底辺の長さは約 2.9mあり、全部で 17枚の厚い石の彫刻パネルから成る。
樹木をモチーフにした格子細工の高窓はキブラ壁に 2面あり、これは外から見て右側のもの。


もう 1面の樹木格子細工の高窓を、内部から見る。