アニのカテドラルの内部。 アプスの中央に窓を設けるのが アルメニア建築の原則。
内陣の後壁には10のニッチがあり、めくらアーケードが枠取りをしている。
アプスの半ドームには壁画のあとが残り、13世紀のものと推定されている。