サムタヴィシの 聖堂、1030-68年
長い胴部(ドラム)fonn をもつ、典型的なグルジア聖堂
壁面には 縦長の盲らアーチ列を連続させて、垂直性を強調しているが、
ヨーロッパのゴチックと違って 尖頭アーチではなく 半円アーチなので、柔らかな印象を与える。
Samtavisi Cathedral, 1030-68