トマノン寺院。 12世紀初め、アンコール・ワットの建設中と考えられ、
スタイルも 「アンコール・ワット様式」 と言われる。