バンテアイ・サムレ寺院、12世紀初め、中央祠堂。
こうした アンコール・ワット型の「シカラ」(塔状部)は、
タイの ピマイ に残るクメール寺院の塔が 原型になったと言われる。