東メボン寺院、952年。レンガ造だが、開口部の上には 砂岩のまぐさ(リンテル)を架け渡す。
多くのまぐさ石には、このような レリーフ彫刻が ほどこされている。