コンポンクデイの近くの、スピアン・プラップトゥスの橋(シェム・リアプの南東 300km)。
中世に建設されて現存する橋のうち、最大のもの。幅 16mで、全長 90m。
欄干の各端部には、ナーガの彫刻がある。