アンコール・ワット、都の外周壁の南門を 環濠 (かんごう)ごしに見る。
190m もの幅がある環濠の対岸と、かつては 木造の橋が結んでいただろうと 推測される。