パハ-ルプルの ソ-マプラ大僧院。
境内のレンガ積みの遺構。アーチではなく持ち出し構造である。
(インドでアーチ構造が行われるようになるのは、イスラーム建築の伝来以降。)