タクシラで最も見晴らしのよい、高さ約 90mの山上に位置するジャウリアーン寺院の僧院地区
中庭の一段低い部分の左上にあるのは、共同沐浴場だったと考えられる。


ジャウリアーン寺院の平面図
(From "A Guide to Taxila" by John Marshall, 4th ed. 1960, Cambridge)
大きな仏教寺院は、ストゥーパ地区と僧院地区から成り、本堂と庫裏に相当する。
ストゥーパ地区は、メインのストゥーパの周囲に多くの小ストゥーパが建てられ、
それらの基壇に小仏像群が彫刻された。