アーネスト・ビンフィールド・ハヴェル 著 『インド美術の理想』 1911年 ジョン・マリー社
版元装幀の布装(レザレット)、金文字箔押し。三方カット。天金・花ぎれは無し。
背表紙のマークはジョン・マリー社のハヴェル・シリーズに共通。


『インド美術の理想』の扉と口絵(フロンティスピース)
写真は クルヴァッティのマリカールジュナ寺院、柱頭の天人彫刻


『インド美術の理想』34ペ-ジ
写真は インドネシア、ジャワ島のボロブドゥールの観音像


『インド美術の理想』78ペ-ジ
写真は ナタラージャ(踊るシヴァ神)像、マドラス博物館のブロンズ像


『インド美術の理想』134ページ
写真は エローラーの石彫カイラーサ寺院(インディア・オフィス図書館蔵の写真)


『インド美術の理想』巻末の第II部、15点の作品例(写真と解説)の内のひとつ
164ぺージ、アジャンターの第19窟、ブッダのレリーフ彫刻

図版はすべてセピア調のモノクロ写真で、ページ大の片面印刷、全32点
本文内に挿図は無い。