MORITA BUILDING
in TOKYO

TAKEO KAMIYA, Architect



     

BACK       NEXT

Tokyo の都心の house を建て直すと, big building となるが, 貸しビルの上に住む owner's residence は, いかにもビルの中に押し込められた感じになりやすい. ここでは, 郊外の一戸建の家にも劣らない質をもたらすべく, 前面に Islamic の囲まれた "Aerial Garden" を設計し, 内部にもさまざまな工夫をこらしている.


A seven-story reinforced concrete building / Location : Iwamoto-cho, Chiyoda-ku, Tokyo / Design : Takeo Kamiya architect and associates, February - October 1989 / Structural design : Suga sekkei / Mechanical design : Sankyo setsubi / Electrical design : Yamazaki setusbi / Furniture : Suruga isho / Construction : Iwamoto-gumi, December 1989 - March 1991 / Site area : 143 square meters / Total floor area : 683 square meters / Magazine : "Shinkenchiku, Jutaku tokushu" October, 1991 / Photographs : Isao Inbe

Night view of living room and "Aerial garden"

< DESIGN NOTE >

Tokyo の都心では, かつての wooden houses が, 次々と high-rize building に建て替わる. この神田の Morita Residence も, buildings の谷間に埋没したようになっていた, wooden house を建て替えて, 下 4層を貸事務所および店舗とし, その上に住宅をのせることになった. そうした場合に住宅部分は, いかにもビルの中に押し込められたごとくになりがちである. それを避けて, building の中にあっても一戸建ての独立住宅にひけをとらない, ゆったりとした生活感のある住居をつくることが, 住み手の希望であり, 設計者の意図でもあった.

7階建ての building ともなれば, SRC のラーメン構造となるので, その太い柱や梁を極力目立たせなくする planning や, 天井の工夫が必要となる. 曲面天井を多用した理由のひとつも, そこにある. それに, いわゆるマンション型のプランではなく, 明るく伸びやかな居間を中心に, いわば吉村流の plan とすることで, 一戸建て住居に近づける.

けれど, ビル内住居と一戸建て住居との, 最も大きな違いは, 接地性の有無にあるだろう. そこで, 4階までの commercial building の上に空中 garden をつくり, set back させた住居を, この庭園に面させることによって, 接地性に代えようとした. aerial garden というのはいささか大袈裟な言いかたであるが, マンションの単なる terrace や balcony とは異なった, ひとつの個性をもった庭園空間を意図してのことである.

____
Dining and open kitchen at 5th floor ____Bath room at 6th floor

世界各地を旅して, buildings and gardens を見て歩いて, 最も心ひかれるのは, monastery の回廊で囲まれた court (cloister) や, イスラム圏の住居の中庭 (patio) であった. 水と緑を主要素として, 建物や塀で囲われた小さな空間は, 外の世界から切り離された静けさや安らぎを与えてくれる. ancient Persia では, そうした「囲われた庭園」のことを, Pairidaeza と呼んだ. 中東の荒々しく乾燥した風土においては, 人々が快適な環境を得ようと思うなら, 周囲の暴力的な自然から隔離され保護された, 「避難所」を作らねばならなかった. それが中東の人々にとっての庭園であり, 英語の paradise の語源となったパイリダエーザなのであった. この「楽園」の概念は Islam に受けつがれ, Islamic architrecture はこうした「囲われた小庭園」を, "Paradise Garden" の写しとして, 絶えず作り続けたのである.

考えてみれば, 過密化した Tokyo の町は, 中東化しつつあるとも言える. 家の外にあるのは美しく優しい nature ではなく, むしろ暴力的な景観や騒音, 排気ガスなどである. そうした町にあっては, 中庭 (patio) を中心とした住居が有効であろうし, ビルの上に residence を乗せるには, Islamic 「囲われた小庭園」を作ることが, 新しい都市型住居の, ひとつの方向ではないかと思われるのである. こうして大理石の泉とベンチを中心にして, スリガラスの塀で囲った, Islamic のaerial garden を作ると, ビルの facade もまた, おのずから積層 arch の Islamic となったのである.


Drawing of the Facade Design


BACK       NEXT
© Takeo Kamiya
E-mail to: kamiya@t.email.ne.jp