COEY BUILDING
in TOKYO

TAKEO KAMIYA, Architect



     

BACK       NEXT

大きな隅切りのある角地の特性を生かして, 円形プランの building とし, 独特な表情を与えた. 鉄道に面しているため, 高い遮音性の glass bocks で連続窓を作ったので, 内部は明るい. 1階の minimum entrance hall には, fountain を設け, 毎日の出入りに潤いを与えている. 不動産会社の headquarter offce building として設計したが, 今は不登校児の free school である, "Tokyo シューレ" が借りている.


A five-story reinforced concrete building / Location : Kishi-machi, Kita-ku, Tokyo / Design : Takeo Kamiya architect and associates, January - June 1989 / Structural design : Suga sekkei / Mechanical design : Sankyo setsubi / Electrical design : Yamazaki setusbi / Furniture : Suruga isho / Construction : Izumi construction, August 1989 - November 1991 / Site area : 152 square meters / Total floor area : 534 square meters / Magazine : "Kenchiku Sekkei Shiryo 33" Urban small building / Photographs : Isao Inbe


2nd Floor Plan




< DESIGN NOTE >

PURPOSE OF THE CONSTRUCTION : 建設主は, 駅前で不動産会社を営んでいる. 新たな本社ビルが, 是非必要というわけではなかったっが, ここに土地を持っていたことと, 事業用資産の買い換えとで, ビルを建てることになった. 工事半ばまで, 自社用とするか貸しビルとするかの迷いがあったので, いつでもフロア貸しできるようにしておくが, ビルの仕様はあくまでも自社用の, 高品位レベルを目ざしたい, という希望であった.

SITE CONDITION : JR 王子駅の近くであるが, 周辺は雑然としていてあまり美的な環境とはいえない. おまけに東北本線その他が通る広い線路敷きに面しているので, 騒音が大きく, 遮音性が強く求められた. これらマイナス要因に対して, 敷地は小さいながらも角地であるので, 採光上も造形上も有利ではあった.

PLANNING : 大きく隅切りされた角地の特性を生かして, 円形プランのビルを構想した. 階段, エレベータ, 水まわりは南西側に集めて, 事務室の空調負荷の軽減をはかり, 東側に大きく開けた明るい事務室を作った. 開口部は遮音性を最優先して, ガラスブロックの横長連続窓を採用した.
1階は最大限の駐車台数を確保するために, 玄関ホールは極小のものとなったが, その代わりに小さいながら, "fountain" をつくって, 毎日の建物への出入りを印象的なものにしている.
2階から 5階まで, 将来どの階もフロア貸しすることができるよう, 設備的にも空間的にも, 独立性を高めることが意図された. その反面, 各室が均質なものになってしまわないように, 事務室や応接室, 会議室といった現在の用途に即して, 天井の構造や照明, 造りつけ家具などを, きめ細かく対応させている. その結果, 規模の小さいこともあって, きわめて住宅的なオフィス空間となった.

________
Left: Small entrance hall finished by travertine with a basin of fountain
Middle: Flight of stairs to the 2nd floor in front of the elevator shaft
Right: The door of each floor facing elevator hall has different colour.


EQUIPMENT : 小さなビルではあるが, 不動産業という一種の情報産業の会社なので, 将来のさまざまな情報の取り出しに対する, 配慮を求められた. そこでどの階の床も, ネットワークフロアの二重床とするなど, この規模のビルとしては, 設備を優遇している.

DESIGN : entrance hall, elevator hall は床・壁とも travertine とし, 要所に red travertine を配した. "fountain" をはじめとして, door and window に用いた星形の紋様は, 室内の家具や間仕切りにも現れるので, この建物のライトモチーフとなっている.
オフィスビルであるとはいえ, 無機的な事務空間にはしたくなかったので, 仕上げや家具の選定を含め, 住宅的なソフト・インテリアを目ざした. また各階にテーマ・カラーを設定して, (2nd floor : blue, 3rd floor : green, 4th floor : brown, 5th floor : gray) , それぞれの階の個性化をはかっている. 家具は硬いスチール製品を嫌って, ほとんど木製とし, 特大の事務机やロッカーをはじめ, 特注家具はすべて設計者の design である.


BACK       NEXT
© Takeo Kamiya
E-mail to: kamiya@t.email.ne.jp