PHILOSOPHER'S HOUSE
in KAWASAKI

TAKEO KAMIYA, Architect



     

BACK       NEXT

A creator of the contemporary art transformed himself into a philosopher. artist's spirit を内に秘めつつ, Kant や Deleuze などの哲学を研究する単独者の住まいである. 見晴らしのよい高台に より高く 3 stories 建てとし, 虚空を眺めながら思索にふける space を内包する.

" Body and Space "


A three-story reinforced concrete building / Location : Higashi-Mita, Tama-ku, Kawasaki, Kanagawa Prefecture / Design : Takeo Kamiya architect and associates, Feblurary - August 1998 / Structural design : Suga sekkei / Mechanical design : Sankyo setsubi / Electrical design : Yamazaki setsubi / Construction : Daisho kogyo, September 1998 - July 1999 / Site area : 198 square meters / Total floor area : 108 square meters / Photographs : Isao Inbe


< DESIGN NOTE >

A ramshackle wooden house was rebuilt to three-story reinforced concrete house at a quiet college area on a hill. かつては前衛的な美術家が, 今は univercity のphilosoph and aesthetics の教授となって, 研究に打ち込んでいる。単身者の家であり, 敷地も狭くはないので平屋で建てることもできたが, あえて 3 storied を望んだのは, 思索する精神の内奥が, 地上の矮小な世界と縁をきっていたのかもしれない. 南側に壁と glass roof をもつ矩形の terrace をつくり, それとは対照的に L-shaped site の奥を非人工的な, 土と植物による natural garden としたのも, "哲学する精神" の要請であった.


_____


全体は exposed concrete の compact mass とし, silver の metalic tiles の帯で各階を区切った. この帯ではさまれた梁が南に伸びて南端の塀とつながり, terrace を整形の半外部空間とする. 対する北側は, 谷部を見下ろす眺望を最大限享受するよう, 階段室の全面を half mirror のガラス窓とした. 道路側は大きく採光しながら, massive な壁面を連続させるべく, glass blocks の大窓としている. stainless steel の庇の下の鮮やかな青紫色の entrance door は, monotonous world における, "考える葦" の存在証明である.



BACK       NEXT
© Takeo Kamiya
E-mail to: kamiya@t.email.ne.jp