木造を模した尖頭アーチ形のファサード上部、前4世紀、プナラ(リュキア)
大梁の上に 束柱を3本立てて小梁を架け、その上に棟束(むねづか)を立てて 棟木を支える。
尖頭アーチ形を成す輪垂木が、4つの部分に分割されているのが わかる。