サリーム・シングのハヴェリー、1815年頃。