8階建ての 政庁舎(セクレタリアト)の東南面、1958年竣工、設計:ル・コルビュジエ
ユニテ・ダビタシオンにおけると同じように、オフィスビルにも ダイナミックな表情を与えている。
ファサード中央の張り出し部分は、州知事の「お立ち台」であろうか。
その周囲の2階分の高さの部分は「大臣室」だという。どうも ル・コルビュジエは
パンジャーブ「州」を「国」のように見なしていた節がある。
The Secretariat Building (Le Palais des Ministères)
1958, designed by Le Corbusier, Capitol Complex of Chandigarh


政庁舎(セクレタリアト)の基準階 平面図
全長 254メートル。高さ35メートルの長大なビルである。
上と下に突き出ているのは、壁で囲われた「斜路室」
Plan of the Secretariat Building (Le Palais des Ministères)
  (From "Le Corbusier, Oeuvre Complète 1957-65", Zurich)