チャンディーガル市立美術館、付属の展示パビリオン 1990年竣工、設計:ル・コルビュジエ
Exhibition Pavilion (Art Gellery) of Government Museum, 1990, Le Corbusier
ル・コルビュジエの没後に増築された展示パビリオン(常設展とは別に、企画展を行うための展示室)
このパビリオンの原案は、1950年の「ポルト・マヨ計画」にまでさかのぼる(下図)。
それを原型とする チューリヒの ル・コルビュジエ・センター (1967) は鉄骨造だが、
こちらはRC造。 右側は斜路(ランプ) ル・コルビュジエは 東京の国立西洋美術館にも
当初から この形態の「展示パビリオン」を提案していたが 実現せず、その代わりに
1998年に 前庭の地下に、全く別の「企画展示室」が増築された。


Project "Porte Maillot 50"
(From "Le Corbusier Oeuvre Complète 1946-52", Zurich)