最初に実現した「成長する美術館」、アフマダーバードのサンスカル・ケンドラ美術館
1952年計画、1957年竣工、設計:ル・コルビュジエ
全体の大きさは約 50m× 50mなので、フィリップヴィルのものと ほぼ同じ大きさ。

アフマダーバードの美術館の中央ホールは、室内ではなく 池のある中庭になっていて、
ここから斜路(ランプ)で2階の入口、展示室に上って行く。